ミュンヒハウゼン男爵の伝記

多くの人々にとって、「ミュンヒハウゼン男爵」は文学作品上の人物、あるいは映画の主人公として知られています。しかしながら、歴史上の人物としてのヒエローニュムス・カール・フリードリヒ・フォン・ミュンヒハウゼン男爵は、あまりよく知られていません。1720年5月11日に、ミュンヒハウゼン男爵はボーデンヴェルダーに生まれました。専門教育を受け、将校としてロシアの女帝に仕えて出世した後、1750年にボーデンヴェルダーに帰郷し、1797年に死亡するまで、彼の所有する大農場を管理しました。

ミュンヒハウゼン男爵は、彼が生きていた当時すでに、領地外においてまでも、すばらしくユーモアにあふれた話し手であると評判でした。イギリスの作家(エーリッヒ・ラスペ:1785年)やドイツの作家(G.A. ビュルガー:1786年)が、彼の名声を題材として作品を創作しました[『ほらふき男爵の冒険』]。英語とドイツ語による本の出版は、ミュンヒハウゼン男爵に世界的名声をあたえ、その名を不朽のものとしました。ミュンヒハウゼン男爵自身は、彼が生きているあいだに出版された本を全く評価しませんでした。彼は、自分が創作した物語や独創的で空想豊かな作品を、盗作されたと考えたのかもしれません。

一家が所有していたかつての貴族邸宅は、大部分は保存されています。領主の館は現在、市庁舎となっています。「シューレンブルク」には、ミュンヒハウゼン博物館があります。夏季には、短期あるいは長期滞在者に対して、ミュンヒハウゼン男爵の足跡をたどる様々な催し物が行われています。劇の上演やコンサートを楽しみ、博物館や町の案内ツアーに参加し、山地公園内(写真右)の、男爵によって建立された人工洞窟のある装飾的な別棟を訪れると、ヨーロッパを超えて有名な夢想家である男爵の伝説と真実を知ることができます。ミュンヒハウゼン男爵は、ボーデンヴェルダー・ケムナーデにある、1000年以上の歴史をもつロマネスク様式の修道院教会に埋葬されています。1997年には、男爵の200回目の命日を記念し、ボーデンヴェルダー市によって「ミュンヒハウゼン賞」が設立されました。この賞は毎年5月に、市のお祭りの一環として、男爵に匹敵するような演技を披露した役者や、あるいは文学作品を著した作家に授与されます。

ミュンヒハウゼン男爵は、封建領主として47年間、ボーデンヴェルダーで生活しました。ここボーデンヴェルダーでのみ、男爵の人生にまつわる伝説や、実際にあった出来事の背景について知ることができます。

 






german english spain french russian swedish dutch polish italian chinese arabic japanese

Tourismus & Freizeit   |    Bürgerservice    |   Wirtschaft    |   Region    |   Kontakt    |   Datenschutz   |    Impressum